メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

人生見守る、街の時計 /大阪

100年以上前に製造された壁時計が並ぶ喫茶店「おじいさんの古時計」=大阪府交野市で、山田尚弘撮影(魚眼レンズ使用)

 職業柄、時間を気にして過ごすことが多い。「1日はなぜ24時間なんだ」

 そんなことを思いながら街を歩いていると、不思議な場所に時計があるのを見つけた。人々に愛されてきた時計たちを紹介したい。

 奈良県境に近い交野市私市9の喫茶店「おじいさんの古時計」。絵本に出てきそうなログハウスの扉を開けると、四方八方にかけられた約40個の壁時計に目を奪われる。

 「ボーン、ボーン」「チーン、チーン」「ビョーン、ビョーン」などとバラバラのタイミングと音色で時を知らせる。大半が今はもうない100年以上前の米国メーカー製。「きっちりネジ巻いても、気が早い時計は定刻2分前に鳴ったりするし、遅れるものおるしね」と、オーナーの山本義彦さん(67)。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです