メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

求む、氷河期世代 吉野川市が職員採用へ 34~45歳 20年度秋以降に数人 /徳島

 吉野川市は、バブル崩壊後に就職難を経験した「就職氷河期世代」を対象にした採用試験を実施する。2020年度秋以降の採用を予定しており、募集は3種で数人程度。自治体による氷河期世代の採用は兵庫県宝塚市などが始め、総務省が1月に積極採用を要請して各地に広がりつつあるが、徳島県内では初めて。近く詳細な募集要項を吉野川市ホームページに掲載する。

 対象は、1974年4月2日~86年4月1日に生まれた34~45歳(4月1日時点)。上級行政、上級建築、保育教諭の3種で募集する。5月下旬に筆記の1次試験、6~7月に面接などの2次試験を実施する。吉野川市での居住歴は問わない。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです