メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

「まちづくり8・6ニュース」編集人 北畠清仁さん(72)=鹿児島市 市民運動伝え続ける /鹿児島

北畠清仁さん

 鹿児島県の市民運動とそれに関わる人の思いを伝える月刊ミニコミ誌「まちづくり8・6ニュース」の4代目編集人だ。1993年8月6日、鹿児島市などで49人が死亡か行方不明となった「8・6水害」後、河川改修に伴って起きた石橋現地保存運動を機に創刊し、26年になる。2月号に「体力も財政も潮時」と廃刊意向を記したが、読者の叱咤(しった)を受けて思い直した。その歴史や存続を決めた背景を聞いた。【降旗英峰】

 Q 8・6水害と石橋保存運動から四半世紀余り。当時の記憶が薄れつつあります。

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです