メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから

新型コロナ 日本人保護チーム創設 地域別、武漢退避モデル

 政府は世界各地で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、在留邦人保護のための緊急対応チームを4月にも創設する検討に入った。中国湖北省・武漢からの邦人退避をモデルに、爆発的な感染拡大で現地での生活が困難になった場合の邦人保護に備える。欧州や北米、中東といった地域別に在外公館員などで構成するチームを複数編成し、これらを支援するため日本から送る増派チームも作る方針だ。

 政府は今年1~2月、チャーター機計5便を武漢に派遣し、湖北省に滞在する邦人や外国籍の家族ら計828人を日本に帰国させた。当時、北京にある在中国日本大使館や外務省本省から外交官らが武漢に派遣され、移動手段の確保や現地当局との折衝にあたった。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです