メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

バッタが大量発生して農作物を…

[PR]

 バッタが大量発生して農作物を食い荒らす「蝗害(こうがい)」は、かつて日本にもあった。明治以降は1879(明治12)年に始まり、数年間続いた北海道・十勝平野のトノサマバッタの大発生が知られている▲ある年の場合、大群は札幌など石狩地方にまで至った。バッタの大群が空を覆い、作物を食い尽くす様子は「日蝕(にっしょく)のように太陽が陰った」「住民たちはただ茫然(ぼうぜん)として惨状を見守るばかりであった」(帯広市史)などと伝えられる▲その蝗害がいま、東アフリカを中心に深刻化している。国連食糧農業機関(FAO)によると、農作物被害でケニア、エチオピア、ソマリア3カ国で1000万人を超す人が深刻な食糧不足に直面している。被害はアラビア半島や、南西アジアなど広範囲に及ぶ▲パキスタンでは、カーン首相が緊急事態宣言を出した。新型コロナウイルスによるショックが駆け巡る一方で、もうひとつの脅威が世界を挟み撃ちにしている▲蝗害発生の背景には異常気象があるとみられている。砂漠に大量の雨が降ったり、繁殖期が長期化したりすることが、大量発生の温床となっているようだ。資金不足などからバッタの駆除対策が後手に回り、被害を拡大する構図だ▲ちなみに明治の蝗害は逆に十勝平野への関心を高め、開拓が進む契機となったという。FAOは被害の拡大が懸念される夏場に備えるため、各国に資金援助などの支援を呼びかけている。コロナウイルス禍とともに、国際社会の連帯を試す現代の蝗害である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです