メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

トミカ 「社名+ミニカー」大人向けも

=タカラトミー提供

 「手のひらサイズの小さな国産車」として子どもから大人まで愛されるタカラトミーのミニカー「トミカ」。前身のトミー(2006年にタカラと合併)が1970年に発売して以来、ラインアップは1050種類、累計販売台数は6億7000万台を超える。

 1924年に富山栄市郎(とみやまえいいちろう)氏が創業した玩具会社トミーの社名とミニカーを掛け合わせたのが商品名の起源だ。

 発売当時は国産車をモデルにした玩具がほとんどなく、街を走る車を参考に開発を進めた。塗装方法には実際の車と同じ、塗料を吹き付ける「静電塗装」を導入。仕上がりを本物に近づけるとともに、子どもが遊ぶ時の安全面にもこだわった。突起物のサイドミラーをなくしたほか、プラスチック製のタイヤや丸みを帯びたデザインを採用。変形が少ない「ダイキャスト製」のため長持ちし、親から子に受け継がれるケースも多い。パッケージ…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです