メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『サル化する世界』=内田樹・著

 (文藝春秋・1650円)

 お騒がせなタイトルだが、読んでみれば超本格派。感動した。

 著者・内田樹(たつる)氏は仏文出身のレヴィナス研究者。思いついたテーマでブログを始めたところ評判になり、書籍化が相次いでいる。本書は直近のブログ記事が中心だ。軽いエッセーの見かけで、ことがらの本質を衝(つ)いて来る。鋭い。古武道の達人のせいだろう、思考の切れ味が違う。

 読み過ごせない指摘が多い。日本の若者は≪「罠(わな)にはまった」「息ができない」「身動きできない」≫、≪アメリカ合衆国憲法はそもそも常備軍の存在を認め≫ない、マルクスもフロイトもことがらの断片をつなげる≪「論理の飛躍」≫をしたから創造的だ、教育は学生に「勇気」を与えよ、などなど。付箋をつけたら草むら状態になってしまった。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです