特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『サル化する世界』=内田樹・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (文藝春秋・1650円)

 お騒がせなタイトルだが、読んでみれば超本格派。感動した。

 著者・内田樹(たつる)氏は仏文出身のレヴィナス研究者。思いついたテーマでブログを始めたところ評判になり、書籍化が相次いでいる。本書は直近のブログ記事が中心だ。軽いエッセーの見かけで、ことがらの本質を衝(つ)いて来る。鋭い。古武道の達人のせいだろう、思考の切れ味が違う。

 読み過ごせない指摘が多い。日本の若者は≪「罠(わな)にはまった」「息ができない」「身動きできない」≫、≪アメリカ合衆国憲法はそもそも常備軍の存在を認め≫ない、マルクスもフロイトもことがらの断片をつなげる≪「論理の飛躍」≫をしたから創造的だ、教育は学生に「勇気」を与えよ、などなど。付箋をつけたら草むら状態になってしまった。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文499文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集