メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

コロンバス 孤独な心結ぶ現代建築 スタイリッシュで温かく

 現代建築というと、私などはコンクリートの塊とガラスが幾何学模様のように配置された、美しくてカッコいいけど、無機質な、人のふれあいとは対極の空間をつい思い浮かべてしまいます。ところがこの映画では、傷ついた魂をモダニズム建築が結びつける。現代建築が温かく見えてくる風変わりな作品です。

 舞台は、アメリカ・インディアナ州のコロンバスという町。ジンは、建築について講演するためコロンバスを訪れた父親が倒れたので、韓国からやってきました。仕事第一の父親とは疎遠で、近ごろは口をきいたこともなかったんですが、父親が病院から動かすことができない状態なので、ジンも町にいるほかはありません。

 もうひとりの主人公が、病院のそばにある図書館で働くケイシーです。大学に行く学力はあるんですが、町から離れる気持ちになれません。薬物中毒から何とか立ち直ろうとしているお母さんのことが心配だからです。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです