江戸の世に現れ海に消えた妖怪「アマビエ」に注目 疫病退散の御利益?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アマビエに新型コロナウイルスの収束を願いイラストを完成させた平井陽彩さん=青森市安方の県観光物産館アスパムで2020年3月21日、江沢雄志撮影
アマビエに新型コロナウイルスの収束を願いイラストを完成させた平井陽彩さん=青森市安方の県観光物産館アスパムで2020年3月21日、江沢雄志撮影

 新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中、疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」が注目を集めている。江戸時代の瓦版に登場する妖怪で「疫病が流行したら私の姿を描いた絵を人に見せなさい」と言って海に消えたと伝わる。

 青森市安方の県観光物産館アスパムでは19日から来館者が描いたアマビエの絵を展示するコーナーを設置し、弘前市の障害者支援施設「つがるねっと」がつくる「アマビエ」などの妖怪を…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集