メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸の世に現れ海に消えた妖怪「アマビエ」に注目 疫病退散の御利益?

アマビエに新型コロナウイルスの収束を願いイラストを完成させた平井陽彩さん=青森市安方の県観光物産館アスパムで2020年3月21日、江沢雄志撮影

 新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中、疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」が注目を集めている。江戸時代の瓦版に登場する妖怪で「疫病が流行したら私の姿を描いた絵を人に見せなさい」と言って海に消えたと伝わる。

 青森市安方の県観光物産館アスパムでは19日から来館者が描いたアマビエの絵を展示するコーナーを設置し、弘前市の障害者支援施設「つがるねっと」がつくる「アマビエ」などの妖怪を…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです