メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3連休、伊勢神宮の周辺の駐車場が満車に 新型コロナ対策でひしゃく撤去

伊勢自動車道下り伊勢IC付近では約5キロの渋滞が発生した=伊勢市藤里町で2020年3月21日、小沢由紀撮影

 三重県伊勢市の伊勢神宮に向かう伊勢自動車道下りの伊勢インターチェンジ(IC)付近では21日、一時約5キロの渋滞が発生するなど、大勢の観光客でにぎわった。伊勢神宮内宮周辺の11カ所の市営駐車場(合計2368台収容)と外宮周辺の4カ所(合計440台収容)の駐車場はほぼ満車で、空きを待つ自家用車の長蛇の列ができ、通常の連休の光景が見られた。

 伊勢神宮の事務をつかさどる神宮司庁によると、3月に入ってからの参拝客は例年比で3割ほど減少しているものの、この3連休は人出が戻ってきた感じがするという。伊勢神宮では、参拝の前に手を清める手水舎の柄杓(ひしゃく)を撤去し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めている。広報担当者は「職員も含め、一人一人がマナーを守り、感染予防に気をつけて参拝していただきたい」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです