メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

休館しない桂浜水族館 「子どもに遊ぶ場所が必要」 感染対策し営業継続

アシカショーを楽しむ来館者=高知市の桂浜水族館で2020年3月18日、北村栞撮影

 新型コロナウイルスの影響を受け、高知県内でも多くの観光スポットや公共施設が休館する中、桂浜水族館(高知市浦戸)は営業を続けている。「(感染が確認された)高知でなぜ開館」といった苦情も寄せられたが、水族館は「子どもに遊ぶ場所が必要」と継続を決めた。「開けてくれてありがとう」といった感謝の声も届いており、館内では子どもや観光客の楽しそうな声が飛び交っている。

 桂浜水族館は展示された生き物との近さが売りだ。観客の目の前まで近づいてくるトドショーは人気があり、ウミガメやカピバラに餌をやるコーナーも根強い支持を受ける。2月中旬まで例年以上のにぎわいとなっていたが、29日に県内で最初の感染者が発表されると事態は一変。3月に入ると、昨年の半数程度まで来客は落ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです