特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「復興の火」三鉄でお披露目 オリンピック「前を向こうとする人たちに元気を」 岩手・釜石

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
釜石駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火のランタンを見つめる三上雅弘さん=岩手県釜石市で2020年3月22日午後0時2分、和田大典撮影
釜石駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火のランタンを見つめる三上雅弘さん=岩手県釜石市で2020年3月22日午後0時2分、和田大典撮影

 東京オリンピックの聖火は22日、東日本大震災の被災を乗り越えた復興の象徴・三陸鉄道で運ばれながら、岩手県沿岸の人たちにお披露目された。釜石駅で待っていた三上雅弘さん(56)は震災後、トライアスロン大会を地元の後押しで再開。スポーツには人を励ます力があることを知っている。「前を向こうとする人たちに、五輪が元気を与えてくれたら」。鉄の街から復興の火を見守った。【日向米華】

 釜石港近くで生まれ、県立釜石南高(現釜石高)ではラグビー部に入部した。ちょうど社会人ラグビー「新日鉄釜石」の日本選手権7連覇が始まった頃。スポーツで街が盛り上がる姿を間近に見て憧れたのがきっかけだった。三陸鉄道の開業が5年後に控えていた。 卒業後は、実家の時計店を継ぐために上京して修業した。26歳で故郷に戻ると、新日鉄釜石の高炉の火は消え、街は寂しくなっていた。そんな時、水泳、自転車、長距離走を…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文1023文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集