メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊豆・三津シーパラダイス営業再開 イルカショーに歓声戻る 新型コロナで休館

再開した伊豆・三津シーパラダイスで、イルカショーを楽しむ家族連れら=静岡県沼津市内浦長浜の同館で2020年3月22日午前10時51分、垂水友里香撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2日から休館していた静岡県沼津市内浦長浜の水族館、伊豆・三津シーパラダイス(みとしー)が21日から営業を再開。再開後初の日曜となった22日は子供を連れて行く先を探していた親子連れらでにぎわいが戻った。水族館では来場者全員を検温し、37・5度以上の発熱のある人の入場を断ったり、イルカショーの度に座席を消毒したりするなど、厳戒態勢を取っている。

 入り口でスタッフが非接触体温計を来場者一人一人の手首に近づけ、体温をチェック。入場できることになった人にも手の消毒を求めた。混雑が想定される「バンドウイルカにお魚をあげよう」など複数のイベントは中止。呼び物の屋外ステージでのイルカやアシカが出演する二つのショーも一部時間を短縮した。また、各3回のショーが終了する度にすべての座席を消毒した。屋内の魚の展示エリアは扉を開放し、扇風機を設置して換気した…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです