「復興の火」三陸鉄道とSL銀河に乗って 宮古、釜石など7駅で3700人観覧

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮古駅前で東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火する式典で、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする地元住民たち=岩手県宮古市で2020年3月22日、和田大典撮影
宮古駅前で東京オリンピックの聖火を「復興の火」として聖火皿に点火する式典で、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする地元住民たち=岩手県宮古市で2020年3月22日、和田大典撮影

 東京オリンピックの聖火を東日本大震災の被災3県で巡回展示する催し「復興の火」は22日、岩手県内で行われた。第三セクターの三陸鉄道とJR東日本のSL銀河に乗せて計145キロを移動しながら、7駅の周辺で公開。観覧者は計約3700人を数えた。

 列車は三陸鉄道の宮古駅を出発。陸中山田、大槌、釜石の各駅に停車し、駅周辺…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集