メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京オリンピック 2021年7月23日開幕に決定

K-1開催、SNS上で批判集まる 「国の対策不十分」と一部理解も 新型コロナ

自粛が要請されるなか開催された「K-1」の大会会場では、新型コロナウイルス感染対策としてチケットの裏に名前や住所の記入が観客に求められた=さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで2020年3月22日正午、北山夏帆撮影

 国や埼玉県が自粛を要請していた格闘技イベント「K-1 WORLD GP」(K-1実行委員会主催)が22日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で、予定通り開催された。さまざまなスポーツイベントが中止や無観客での開催となるなかでの実施に対し、ツイッターなどのSNS上では「患者集団(クラスター)を生み出さないか」といった不安や、開催を批判する声が上がった。その一方、主催者へ要請するだけで、判断やリスクを民間に委ねる政府の対応を問題視する意見もみられた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

 「K―1 WORLD GP」は昨年は1万人以上が集まったイベント。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、西村康稔経済再生担当相が21日、主催者側に自粛を求めるよう大野元裕埼玉県知事に要請、県も主催者側に自粛への協力を依頼していた。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1279文字)

吉田卓矢

1976年生まれ、兵庫県明石市出身。2005年入社。奈良支局、高松支局、大阪科学環境部、福井支局次長、水戸支局を経て、2019年秋から統合デジタル取材センター。原発や震災・防災、科学・医療などを中心に取材してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです