メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K-1開催、SNS上で批判集まる 「国の対策不十分」と一部理解も 新型コロナ

自粛が要請されるなか開催された「K-1」の大会会場では、新型コロナウイルス感染対策としてチケットの裏に名前や住所の記入が観客に求められた=さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで2020年3月22日正午、北山夏帆撮影

 国や埼玉県が自粛を要請していた格闘技イベント「K-1 WORLD GP」(K-1実行委員会主催)が22日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で、予定通り開催された。さまざまなスポーツイベントが中止や無観客での開催となるなかでの実施に対し、ツイッターなどのSNS上では「患者集団(クラスター)を生み出さないか」といった不安や、開催を批判する声が上がった。その一方、主催者へ要請するだけで、判断やリスクを民間に委ねる政府の対応を問題視する意見もみられた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1279文字)

吉田卓矢

1976年生まれ、兵庫県明石市出身。2005年入社。奈良支局、高松支局、大阪科学環境部、福井支局次長、水戸支局を経て、2019年秋から統合デジタル取材センター。原発や震災・防災、科学・医療などを中心に取材してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです