メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武・山川3安打3打点 新生・シンプル打法に磨き プロ野球・練習試合

日本ハムとの練習試合の四回、左中間に本塁打を放つ西武・山川=メットライフドームで

[PR]

 プロ野球は22日、各地で練習試合を無観客で5試合。西武は松坂が先発して、5回4失点で日本ハムを9―6で降した。

        ◇

 まさに手の付けられない状態だ。西武の4番・山川がソロを含む3安打3打点と固め打ち。打率3割6分7厘をマークしたオープン戦に続き、これがシーズンでないのが惜しいほど新打法が板につき、進化した姿を見せつけている。

 好球必打。甘い球を一振りで仕留めた。一回1死一、三塁では2球目の直球を中前に先制打。走者なしの四回は2ボールからの甘く浮いた変化球をライナーで左中間席へ。仕上げは六回の1死一、二塁で初球の直球を中前へはじき返した。

 特筆すべきは打球方向だろう。全て中堅へ鋭い打球が飛んだ。山川も「それが一番よかった」とうなずく。豪快なスイングをしていた昨季から、足を高く上げずシンプルに改造したフォームで意識も変えた。暇を見つけては試合後にもロングティーを実施。「去年はいい時が続かなかったが、今はできているのがうれしい」と納得の表情を浮かべる。

 チームは先発した松坂が5回4失点で「移籍後初勝利」。辻監督が「5回3点くらいで抑えれば勝つチャンスがあると松坂も計算が立つ」と言えるのも、この強烈な打線があるからこそ。その中心に慢心のない背番号「3」がどっかりと座っている。【生野貴紀】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです