メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『琉球王国は誰がつくったのか』(吉成直樹著) どう見る?倭寇の影響

海沿いに建つ具志川グスク(沖縄県糸満市)。佐敷上グスクには、こうした石積みの城壁が見られない=伊藤和史撮影

 かつて独立国家として、東アジアの大交易時代に勇躍した琉球王国。その成立過程を根本から見直す『琉球王国は誰がつくったのか』(七月社)を、吉成直樹・元法政大沖縄文化研究所教授が出版した。刺激的な著作はどう読まれるのか。

 沖縄観光の大きな楽しみがグスク(城)巡りだ。サンゴ石灰岩で築かれた城壁が本土にはない優雅な曲線美を見せる。グスクの構築が始まったのが、沖縄独特の時代区分であるグスク時代(11世紀ごろ~15世紀)だ。乱世でもあり、沖縄史の中でもとりわけ精彩に富んだ時代といえようか。

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 伊吹元衆院議長「小室圭さんは国民に説明を」 眞子さまとの結婚巡り

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 看護師80人足りない「多難の船出」 吉村知事肝煎り、大阪コロナ重症センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです