メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

上田誠(劇団「ヨーロッパ企画」) ファミコンソフト「たけしの挑戦状」を舞台化

1986年に発売され、「伝説のクソゲー」とも称されるファミコンソフト「たけしの挑戦状」=大阪市北区で2020年3月3日午前11時54分、関雄輔撮影

「鮮烈だった伝説のクソゲー」

 ビートたけしが監修し、1986年に発売されたファミコンソフト「たけしの挑戦状」。攻略の難しさや不条理な内容から、「伝説のクソゲー」とも称されるゲームが舞台化され、「たけしの挑戦状 ビヨンド」として、4~5月に東京、大阪などで上演される。脚本・演出を手がけるのは、京都を拠点とする劇団「ヨーロッパ企画」の上田誠。2017年に岸田国士戯曲賞を受賞した気鋭の才能は、幼い頃のゲーム体験に大きな影響を受けていると語る。

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです