メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

浪曲生活10周年「はやとまつり」 真山隼人 25歳新星、情熱の全力疾走

浪曲師の真山隼人さん=大阪市北区で、山田尚弘撮影

 15歳の若さで芸の道に飛び込んだ関西浪曲界の新星、真山隼人が今春、芸歴10周年を迎える。自身の「これまで・今・これから」を見せたいと、来月25日、記念公演「はやとまつり」を盛りだくさんの3部構成で開催する。

 「ワンコインナビロメ」と題した第1部は、修業明けにやるはずだったが中止になってしまった「名披露目」を、むしろカジュアルにやってしまおうという企画。「普通なら並ばないような方々」によるユニークな口上も予定している。続く第2部は、浪曲の可能性を探る隼人の「今」を映す。「浪曲ができて、まだ150年。今の形がどんどん変わってもいいと思う」。披露するのは「西城秀樹物語」。台本の公募で出合った一席で、昨年、東京で演じたところ、「浪曲ファンとヒデキファンが半分ずつ来てくださって、とてもいい会になった」。「本当は宙乗りもやりたかった(笑い)」と視覚効果を狙った仕掛けも用意し、華やかなスターの一生をうなる。

 第3部では「本寸法の浪曲を」と、赤穂義士伝より「南部坂雪の別れ」に挑む。吉良邸討ち入り前日、大石内蔵(くらの)助(すけ)は決意を胸に秘め、浅野内匠(たくみの)頭(かみ)の妻を訪ねる。「静かに進んでいく中に心情の変化を描かないといけない」と難しさを語り、「芸だけじゃなく、人間性も磨かないとできないネタ。(40代の)内蔵助の年にならないとできないと言われるけど、僕は早くできるように頑張りたい」と意気…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです