メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

山中静夫氏の尊厳死(2019年、日本) 心にしみる「当たり前」

 病院が舞台のこの映画では、さまざまな「死」が描かれます。と同時に、浮き彫りにされるのは「生」です。主人公の山中静夫(中村梅雀)は、その名が表すような静かな夫。婿入り先の嫁(高畑淳子)に頭が上がりません。そんな彼が末期の肺がんと診断されます。余命わずかだと知らされ願ったのは、故郷で死ぬことと、自分の墓を造ること。患者に寄り添う医師の今井(津田寛治)は全力で静夫を支えますが、心労からうつ病を患います。死に向き合うことでそれぞれが突きつけられる生、そ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです