連載

負けない・新型コロナ

毎日新聞デジタルの「負けない・新型コロナ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

負けない・新型コロナ

宗教者 心一つに終息願う 龍泉寺・岡田悦雄住職(48) /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「祈願文は1時間ほどかけて細筆で清書しました」と話す龍泉寺の岡田悦雄住職=天川村洞川で、萱原健一撮影
「祈願文は1時間ほどかけて細筆で清書しました」と話す龍泉寺の岡田悦雄住職=天川村洞川で、萱原健一撮影

  金峯山寺(吉野町吉野山)と大峯山寺(天川村洞川)が3月6日、新型コロナウイルスの早期終息を願う大祈とう会を合同で行った。大峯山寺の5護持院の一つ、龍泉寺の住職で、祈願文を読み上げた岡田悦雄さん(48)に宗教者の思いを聞いた。【聞き手・萱原健一】

 ――祈とうの経緯を教えてください。

 ◆全国で宗教行事の中止も相次ぐ中、こんな時だからこそ多くの祈りを集めて災禍に負けない強い心を持ってもらいたい、と金峯山寺の五條良知管長が発願されました。五條管長が護摩供で「導師」を務めるので、祈願文は私が書くことになりました。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文965文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集