メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人!

九州シニアライフアドバイザー協会会長 山﨑正弘さん(79)=福津市 不安や悩み、気軽に相談を /福岡

山﨑正弘さん

 ボランティア団体「九州シニアライフアドバイザー協会」の会員たちと年に2回、老後の不安や悩みを抱える人たちに向けた電話相談「シニアの悩み110番」を実施している。助言や情報提供などをして相談者の不安を取り除き、心豊かに暮らせるお手伝いをするのが役目だ。

 佐賀県武雄市出身。大学卒業後、航空自衛隊の技術部門で航空機の開発に30年以上携わった。54歳で退職後、福岡第一高(南区)で製図や数学などを教えた。向学心が旺盛で、働きながら大学院で工学系の修士課程を修め、60代で社会保険労務士や行政書士の資格も取得。67歳で教師を辞め「新しく何かを始めたい」と思っていた時に出合ったのが、中高年の生活相談に応じるシニアライフアドバイザーの養成講座だった。健康や年金、相続、介護と、あらゆる分野を学べるのが魅力だった。講座を修了後、資格審査に合格し2008年に会員になった。

 09年に電話相談員として“デビュー”し、長年にわたり一翼を担ってきた。寄せられるのは健康や生き方、家族・親族との関係など多岐にわたる。近ごろ多いのは遺言や相続に関する相談だ。「遺言状を作りたいが、こういう時はどうしたらいいか」といった相談には、取得した資格の専門知識やこれまでの経験が生き、仲間たちからも頼りにされる。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです