メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

日南の飫肥天 城下町の郷土料理 /宮崎

「おび天蔵」で実演販売をする江良さん

 “九州の小京都”とも呼ばれる日南市飫肥(おび)は、飫肥城を中心とした城下町の風情が今に残る。江戸時代から伝わるという飫肥天は、小魚のすり身を油で揚げた郷土料理だ。庶民が地元で取れた魚を使って家庭で作っていたもので、魚屋などでもよく売られていたという。

 同市の漁港で水揚げされたシイラやブリなどの魚のすり身に豆腐を混ぜ、みそ、黒砂糖、しょう油で味付けして油で揚げて作る。周辺ではさとうきびが栽培されていたことから黒砂糖が使われ、甘辛い味わいが特徴だ。豆腐が入ることで食感も柔らくなる。

 同市観光協会によると、飫肥天を製造販売しているのは市内で5業者ほど。「元祖おび天本舗」(松田利正社長)は1975年創業で飫肥に3店舗、宮崎空港に1店舗を構える。仕出し屋としてスタートしたが、デパートやスーパーで弁当に入れていた飫肥天の出張販売をしたところ評判が良く、専門に手がけるようになったという。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです