メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/12止 非開示文書「裁判官が見られるよう改正を」 秋山幹男弁護士に聞く

 役所の文書に都合の悪い内容が含まれると、政府が文書の正当性を否定する事態が相次いでいる。しかし1999年に成立した情報公開法は「行政機関が職務上作り、組織で共用する文書」は公文書にあたると明記している。決裁がなくても、役所で共有されれば公文書という考え方は、情報公開法制定を議論した政府の部会で取り入れられたものだ。委員を務めた秋山幹男弁護士(74)にいきさつや現在の政府の姿勢について聞いた。【青島顕】

 80~90年代の自治体の条例は、情報公開の対象を役所内で決裁済みの文書にするところが多かった。

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1455文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです