メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死者・不明者の実名、公益のために必要 新聞協会が要望書 鈴木正朝・新潟大教授(情報法)の話

 災害時の死者らの氏名は、プライバシー保護よりも社会の関心事であることを優先して公表すべきだ。捜索や救助には自衛隊や消防などが携わっており公共的な問題だからだ。自治体が公表する人的被害の数をそのまま伝えるだけでは不十分だ。自治体が氏名などの情報を報道機関に開示できるよう、個人情報の取り扱いは自治体ご…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです