メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静寂の土俵

35歳・白鵬、角界背負い存在感

鶴竜(左)を攻める白鵬=エディオンアリーナ大阪で2020年3月22日、猪飼健史撮影

 異例の無観客場所で、最後を締めたのは両横綱による見応え十分の攻防。本来ならば、割れんばかりの拍手と歓声が館内を包んだはずだ。熱戦を制した白鵬は「これで終わったなという感じ」。いつもの土俵下でなく室内での優勝インタビューに、笑顔はなかった。

 巻き替えの応酬。右四つ、左四つと体勢を変え、相手の出方をうかがいながら、鶴竜がもろ差しを狙って脇があいたのを逃さなかった。白鵬は逆にもろ差しに持ち込んで主導権を握り、最後は右四つで寄り切った。

 数々の勲章を手にしてきた大横綱にとっても「見えない敵」との戦いは未知の世界だった。無観客の静かな土俵で毎日の土俵入り。「モチベーションをどこに持っていくか。(気持ちの)浮き沈みが激しかった」と明かす。気の迷いは取組にも表れた。12日目の正代戦は不用意な張り手を繰り出す雑な取り口で敗れ、報道陣の問いかけにも無言で去った。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです