メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K-1開催「自粛ムードの緩みでは」に「依然として警戒必要」強調 菅官房長官会見詳報

閣議後の記者会見で質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2020年3月19日午前10時16分、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルス感染症について、23日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの延期の是非について、菅氏は「最終決定権は国際オリンピック委員会(IOC)にあるが、大会組織委員会や東京都などの関係者と緊密に連携しながら適切に対応していきたい」と述べた。

 一方、22日に埼玉県で大規模な格闘技イベントが開催されるなど「自粛ムードの緩み」について見解を問われると、「依然として警戒は必要な状況だ」と強調した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り1877文字(全文2125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです