メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FRBが緊急会合 「量的緩和」の購入規模無制限に 新型コロナ拡大で追加措置

米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで、清水憲司撮影

 米連邦準備制度理事会(FRB)は23日、連邦公開市場委員会(FOMC)の緊急会合を開き、追加の金融緩和を決定した。米国債などを大量購入する「量的緩和」の購入規模を無制限にする。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、景気を下支えする追加措置が必要と判断した。

 FRBは15日の臨時会合で、政策金利引き下げによる「ゼロ金利」と量的緩和を決定した。量的緩和の規模を「数カ月で少なくとも7000億ドル(約77兆円)」としてい…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  5. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです