メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「お湯が効く」「アイスNG」コロナ対策、インドで真偽不明の情報が拡散

医療従事者への感謝を示すため、バルコニーで手をたたいたり音を鳴らしたりする人たち=インド・ムンバイで2020年3月22日、AP

 ウイルスは熱に弱く、お湯を飲むことは効き目がある--。インドで新型コロナウイルスの感染防止策や治療法として、真偽不明の情報が拡散している。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で出回っているほか、ヒンズー至上主義者らが科学的根拠に乏しい主張を展開しており、政府が対応に苦慮している。

 インドではSNSが普及しており、真偽不明の情報が「国連」や「医師」の「勧告」などとして流布。「アイスクリームなど冷たい食品を食べない」ことを勧めるものもある。

 さらにやっかいなのが、人口の8割を占めるヒンズー教の考えに由来する主張も相次いでいることだ。ヒンズー至上主義者の団体は今月14日にニューデリーで集会を開き、ヒンズー教で神聖とされる牛の尿を飲んで効果をアピール。ヒンズー至上主義を掲げるモディ首相の国政与党・インド人民党の政治家からは、牛のふん尿や菜食主義の効果を主張する意見が出ている。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです