女優、宮城まり子さん死去 93歳 養護施設「ねむの木学園」運営

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮城まり子さん=1995年11月14日撮影
宮城まり子さん=1995年11月14日撮影

 日本で初めての肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を運営してきた女優、宮城まり子(みやぎ・まりこ、本名・本目真理子=ほんめ・まりこ)さんが21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳。27日に同学園の子供たちと教職員のみで学園葬を営む。

 東京都出身。1955年に歌手として「ガード下の靴みがき」が大ヒット。その後、ミュージカル女優などとしても活躍し、テレビドラマ「てんてん娘」や映画「オンボロ人生」で地位を築いた。

脳性まひの子の役を演じたことなどから障害児教育への関心を高め、68年に私財を投じて「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現御前崎市)に開いた。74年、障害のある子供たちとの日々を描いた記録映画「ねむの木の詩」を製作・監督して反響を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集