SL3台解体へ 宮城・大崎市保存、老朽化で「立ち入るとけがの恐れ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
解体方針のC58形蒸気機関車=大崎市西古川で2020年3月18日午後2時53分、山田研撮影
解体方針のC58形蒸気機関車=大崎市西古川で2020年3月18日午後2時53分、山田研撮影

 宮城県大崎市は、市内に保存されている蒸気機関車(SL)3台を解体する方針を固めた。内部で確認されたアスベスト(石綿)を封じ込める作業は終えたが、老朽化で安全性に不安があることから、保存継続は困難と判断し、所有するJR仙台支社と協議を進める。

 保存されているのは、JR陸羽東線中山平温泉駅前▽同線西古川駅近くの児童公園▽岩出山地区の観光名所、城山公園――の3カ所。いずれも1973年まで同線を走ってい…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集