メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丁寧に繊細に…首里城「漆喰はがし」ボランティア活躍

赤瓦からしっくいをはがす作業に取り組む市民ボランティア=那覇市の首里城で2020年3月23日午前9時50分、遠藤孝康撮影

 2019年10月の火災で主要な施設が焼失した那覇市の首里城で23日、焼け残った赤瓦を再活用するため、市民がボランティアで瓦から漆喰(しっくい)をはがす取り組みが始まった。募集に応じた約100人が再建への期待を胸に作業に臨んだ。

 首里城を所有する国などが再建への思いを高めてもらおうと企画。午前と午後で各50人を事前に募集し、県内外から応募があった…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです