メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リベラル系ホントに喜んでいいの? 「つくる会」教科書の検定一発不合格が問うもの

つくる会教科書(2014年度検定合格版)のひとコマ。アジア・太平洋戦争を、大日本帝国政府が決めた「大東亜戦争」と呼ぶ。当時の「政府宣伝」そのままにすら映る記述や、だれも原典が確認できていない「日本ありがとう」エピソードもある

 新型コロナウイルスのニュースがあふれる中、教育関係者に波紋を広げる「事件」があった。2021年度から使われる中学歴史教科書を審査する今年度の検定で、これまで合格してきた「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した自由社版教科書が、異例の不合格になったのだ。リベラル系からは不合格を歓迎する声も上がるが、ホントに喜んでいていいのか?【吉井理記/統合デジタル取材センター】

 「もう『一発不合格』ですよ。ひどい話でねえ……」

 東京・江戸川橋の目立たないビルの一室。「つくる会」事務局の会議室で、同会副会長で、テレビの討論番組でもおなじみ、元東京大教授の藤岡信勝さん(76)はため息をついていた。

この記事は有料記事です。

残り3477文字(全文3775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです