メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

当てたチケットどうなる? オリンピック「延期」広がる困惑 ホテル業界悲痛

東京オリンピック開幕までの日時を知らせるカウントダウン時計=東京都千代田区で2020年3月23日午後6時3分、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックの行方は――。23日、国際オリンピック委員会(IOC)が延期を含めて検討している方針が明らかとなった。開幕まであと4カ月。福島県から26日に始まる予定だった聖火リレーにも暗雲が垂れこめる。準備を進めてきた関係者やチケット購入者らに困惑や動揺が広がった。

 聖火リレーはランナーを走らせるのをやめランタンを巡らす形式が検討されている。リレー初日の26日に故郷の福島県双葉町を走る予定だった声優兼女優の桜庭梨那さん(24)は「新型コロナウイルスは命に関わる問題なので、沿道での観覧の自粛は仕方のない面もあると思っていたが、ランナーが走らない形では思いは伝わらないと思う。もし、そんな形になるのなら、リレー自体を延期してほしい」と話す。

 1964年東京五輪で聖火ランナーに選ばれながら台風で中止になり、今回も走者に選ばれた兵庫県西宮市の上塚勝さん(73)は「先行きが見えず、やきもきしている」。それでも当時の仲間たちと練習を続けている。「我々は既に56年も待ち続けてきた。だからもう1、2年くらい延びてもどうってことない」と晴れ舞台に必ず立てると信じる。【川崎桂吾、峰本浩二】

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです