メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高血圧と肥満、寿命を縮める大きな要因 遺伝情報使い特定 阪大などのチーム

写真はイメージ=ゲッティ

 高血圧と肥満が、寿命を縮める大きな要因になっていることを、世界中の70万人分のゲノム(遺伝)情報を使った新たな手法を用いて特定することに成功したと、大阪大などの研究チームが23日発表した。日本人では、高血圧による影響が最も大きかった。研究チームは「各個人の健康リスクを予測できるようになれば、予防医療に貢献できる」としている。

 これまでの研究では、肥満などと寿命の因果関係を調べるのは困難だった。例えば「痩せている人は短命」との傾向があったとしても、痩せていたから短命だったのか、病気になって痩せて短命になったのか、特定できなかった。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです