メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球開幕、さらに延期に 4月24日目指す 代表者会議

プロ野球の斉藤惇コミッショナー=竹内紀臣撮影

[PR]

 日本野球機構(NPB)と12球団は23日、東京都内で代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で4月10日以降に延期されていたセ・パ両リーグの公式戦について、4月24日の開幕を目指すと決めた。斉藤惇コミッショナーは「状況は流動的であり、何があっても24日に開幕すると断定的に言うことはできないが、最大限の努力をする」と話した。

 また、クライマックスシリーズ(CS)の開催に関しては、NPBの井原敦事務局長は「これから検討する」と述べるにとどめた。

 代表者会議に先立って行われたNPBとサッカー・Jリーグが設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第4回会合で、感染症の専門家チーム(座長=賀来満夫・東北医科薬科大特任教授)は「4月のできるだけ遅い時期の開催が望ましい」などと提言。代表者会議は感染防止のため、観客の入場制限や高齢者、基礎疾患のある人、海外からの帰国者などに観戦自粛を呼びかけることを検討する。

 開幕延期を受けて実施してきた練習試合の一部を中止する。セは今月27日から休止し、来月14日に再開。パは今月24日から取りやめ、来月10日に再開する。

 東京オリンピックが延期、中止となったケースを想定した日程などの協議はしなかったという。【中村有花】

 西武・辻監督 この先どのように調整をしていくかというのをまた考えなくてはならない。我々は待つことしかできないが、ファンの皆さんも開幕まで首を長くしてお待ちいただけたらと思う。またライオンズブルーに染まったメットライフドームで野球ができることを楽しみにしています。

 楽天・三木監督 4月24日開幕を目指してやれることをやっていくだけ。練習試合の取りやめに関しては、NPBの一員として理解を示し、協力していきたい。チームが良い形で開幕を迎えられるよう、しっかりと調整、準備をしていきたい。

 楽天・則本昂 仕方のない判断だと思う。練習試合がなくなった分、強化メニューに専念するなど、試したり、チャレンジしたりする自分の時間ができると思う。開幕した時に最高の状態に持っていけるよう、できることをしっかりやって、準備をしていきたい。

 中日・与田監督 4月24日開幕を目標に、これからしっかり準備をしていきたい。その間、実戦練習がどこまでできるかは各球団との相談になっていくと思うが、2軍の試合をうまく活用するなどして、選手たちの体調管理をこれからしっかりとやっていく。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです