メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 88歳母の遺体放置、53歳の引きこもり(その1) 「死を認めるのが怖かった」

自宅近くの公園のベンチに座り、母親との思い出を語る男。落ちつかない様子で手はずっと足の下に入れたままだった=南茂芽育撮影

 「母の遺体にはウジがわいていました」――。2019年8月、母親(88)の遺体を10日間にわたって東京都板橋区の自宅アパートで放置したとして、同居していた53歳の無職の男が死体遺棄容疑で警視庁に逮捕された。高校卒業後、35年にわたって引きこもり状態の生活を続けたすえの事件だった。思いを聞こうと記者が男を訪ねると、頼り続けた母親がいない現実に向き合えないでいる姿があった。【南茂芽育】

 男が最初に取材に応じたのは19年10月、東京拘置所に勾留されている時だった。眼鏡をかけた色白の顔に、どこかあどけない雰囲気が残る。裁判終了後の翌月にも自宅近くで取材に応じ、事件とそれまでの半生を語り始めた。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです