メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 88歳母の遺体放置、53歳の引きこもり(その2止) 母親亡き後も自立まだ遠く

男が通う宝くじ売り場。次々に人が訪れ宝くじを購入していった=喜屋武真之介撮影

 <1面から続く>

 30代半ばになって熱中するようになったのが宝くじだった。法則があると思い込み、生計を立てる手段にできないかと思いついた。母親から「当たるわけがない。働いてよ」と注意されても、「もう少しだけ」とせがんで買い続けた。3等や4等が当たることはあったが、大当たりはなかった。

 10年ほど前、近所で家の新築工事が行われていた頃、母親がぽつりと「自分の家がほしいな」と漏らした。申し訳ない気持ちになり、「宝くじ、もっと当たれば買えるよ」と言ったが、返事はなかった。

 男は自分を引きこもりだと思ったことはないという。「買い物などで外には出てるから、ただのニートでしょ」。母親が死ぬとは思っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです