メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は情報学者・西垣通さん 文理融合、若手が問う自律性

AI時代の「自律性」

 *2月25日~3月23日

 ■AI時代の「自律性」 未来の礎となる概念を再構築する(河島茂生編著・2019年)勁草書房・3850円

 個人の尊厳の源である自律性が揺らいでいる状況を見据え、AI社会の思想的基盤の構築を目指す。

 IT(情報技術)時代という言葉は以前からある。ではこれと、AI(人工知能)時代はどう違うのだろうか。

 簡単にいえば、ITを使う主体が人間だけでなく、AI搭載のロボットも参加し始めたのがAI時代だ、といったあたりになりそうだ。ロボットがデータを分析して投資判断をしたり、外国語を翻訳したり、さらには人間とおしゃべりしたりする時代が到来したというわけである。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです