メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

読見しました 思い出のピンバッジ

 

 自宅の部屋の掃除をしていたある日、引き出しの中からスケート靴をかたどった小さなピンバッジが出てきた。

 中学3年の春、受験勉強に集中しようと決意し、ずっと習ってきたフィギュアスケートをやめた。このバッジは、その最後のレッスンでコーチからもらったもの。「これを見てスケートのことを思い出してね」という意味だったのだろうか。

 思えば、習っていた7年間、いろいろなことがあった。うまく滑れず悔し涙をこらえながら練習したこと。苦手だった技を習得し、いつも厳しかったコーチに褒めてもらったこと。初めて自分だけの演技曲をもらえた時は、うれしくて何度も何度も繰り返し聴いていたっけ。小さなバッジを見ていると、記憶の底にあった思い出が、鮮やかによみがえってきた。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです