メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 カーブに沿ったホームに電車が傾いて止まる阪神杭瀬駅からすぐ。国道2号から始まり北へ延びる杭瀬市場(兵庫県尼崎市)。シャッターが目立つ「元市場的空間」だが、「中市場」に入ると鮮魚店、精肉店、豆腐屋やカツオ節屋さんなど、おなじみの懐かしい市場風景が目に入る。鮮魚店で旬のサバやホタルイカを指さす客。鶏肉店でどっさりと焼き鳥を包んでもらう姿から、小さいがすごく元気がある市場なのが分かる。

 中ほどにあるのが21日にオープンしたばかりの「中市場演芸ホール」。その2軒隣には市場や地域の寄り合い場「amare」(アマリ)と、向かいの「好吃(ハオチー)食堂」。新しい動きだ。

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文1989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです