連載

濃い味、うす味、街のあじ。

飲食店を通じて「街のあじ」を紹介します。

連載一覧

濃い味、うす味、街のあじ。

食材と元気、市場で調達

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 カーブに沿ったホームに電車が傾いて止まる阪神杭瀬駅からすぐ。国道2号から始まり北へ延びる杭瀬市場(兵庫県尼崎市)。シャッターが目立つ「元市場的空間」だが、「中市場」に入ると鮮魚店、精肉店、豆腐屋やカツオ節屋さんなど、おなじみの懐かしい市場風景が目に入る。鮮魚店で旬のサバやホタルイカを指さす客。鶏肉店でどっさりと焼き鳥を包んでもらう姿から、小さいがすごく元気がある市場なのが分かる。

 中ほどにあるのが21日にオープンしたばかりの「中市場演芸ホール」。その2軒隣には市場や地域の寄り合い場「amare」(アマリ)と、向かいの「好吃(ハオチー)食堂」。新しい動きだ。

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文1989文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集