メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

SLで日光けん引 東武鉄道、地方創生プロジェクト 花畑、イルミ 地域一体で「おもてなし」 /栃木

SL大樹の客車をバックに、東武鉄道の「SLの走るまちづくり」の取り組みについて語る小金井さん=下今市駅で

 日本でも有数の観光地、日光・鬼怒川エリア。その地で現在、SL大樹を利用した地方創生が行われている。SLを運行する東武鉄道はさらに2機目のSL復元プロジェクトを進行中で、地域と一体となった「SLの走るまちづくり」の実現に取り組んでいる。【東武SL取材班】

 SL大樹(C11形207号機)は2017年に東武鉄道として50年ぶりにSLの復活運転を始めた。鬼怒川線の下今市駅と鬼怒川温泉駅の間の12・4キロを1日、3往復する。「大樹」の雄姿を一目見ようと、家族連れなどで両駅はにぎわう。

 日本全国に観光列車が存在しているが、東武鉄道はなぜSLを選んだのか。SL事業の目的について、同社は「鉄道産業文化遺産の保存と活用」を掲げているが、そればかりではない。SLを基盤に地域を活性化させたいという思いがある。

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです