メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞記者、銃をとる

新米猟師奮闘記/30 終わり良ければ、とはいかず /滋賀

作画=マメイケダ

 今期の狩猟シーズンは3月15日ですべて終わった。2019年11月に始まり4カ月半。初日、シカを1発で仕留めたものの、その後は失敗に次ぐ失敗。直近の2回は安全装置の外し忘れと、まさかの打ち損じで自信喪失。15日は有終の美を飾ろうと、10人の仲間と山に向かった。

 とはいえ、根拠のない自信はあった。というのはその1カ月前、イノシシとシカ以外の狩猟が最終日になった2月15日、私は朝から気合をいれてカモ猟に行き、1日の捕獲数としては過去最多となる4羽をものにしたからだ。カモの捕獲は1日5羽までと決まっているが、これまで上限を意識するようなことはなかったのに、とうとう上限を気にしなくてはならなくなった自分を誇らしく思ったものだ。ここというときにはやれる、と変な自信が私に生まれていた。

 イノシシ・シカの最終日は、10人も集まったので、大きな山でシカを狙うことになった。ところが、待ち場について「あっ」と凍りついた。「弾を……、忘れた」。どこかに入っていないか、とリュックの中を探るが、ないものはない。これは、新聞記者がペンを忘れたどころではない。ペンは忘れても、人から借りればいい。同席した他社の記者から、恥を忍んで借りることもできる。実際、何度かそんなこともあった。ところが、銃弾は…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです