メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

困難でも諦めないで 山科・花山天文台、クイーンのブライアン・メイさん来訪 /京都

京都大花山天文台を訪れ、柴田一成元台長(左)と握手するクイーンのブライアン・メイさん=京都市山科区で2020年1月27日、川平愛撮影

バンド活動で研究中断 60歳で天体物理学博士に

 新生活が始まる春、希望に満ちた人がいる一方、進学・就職・昇進・異動などで挫折して失意の人もいる。だが、それでも夢を諦めない人がいる。2020年1月に京都大付属花山天文台(京都市山科区)を訪れた英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天体物理学者のブライアン・メイさん(72)は音楽活動で断念した宇宙研究を諦めることなく、60歳で博士号を取得した。【菅沼舞】

 メイさんは2007年、母校のインペリアル・カレッジ・ロンドンから天体物理学の博士号を授与された。1974年に博士論文の執筆を始めたが、バンド活動が軌道に乗ったため中断。「We Will Rock You」などのヒット曲を生み出し、アーティストとして不動の地位を築く傍ら、宇宙への関心は保っていた。着手から30年以上が過ぎて「黄道塵(じん)における視線速度の調査」の論文を完成。音楽と宇宙には共通点が…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです