メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキドキワクワク、風船で 尼崎の西村さん「年代超えて仲良くなれる」 /兵庫

「バルーンアートはコミュニケーションツールとして便利だと思う」と話す西村剛さん。手にしているうさぎのキャラクターはオリジナル作品だ=尼崎市で、川畑さおり撮影

 色とりどりの風船を使って動物や花などを作るバルーンアーティスト。「風船使いたけむぅ~」として活動する尼崎市の西村剛さん(35)は、2018年にバルーンアートの国内大会で優勝した実力の持ち主だ。17年4月からプロとして活動し、ショーの開催や結婚式場の装飾なども手がける。「風船を使えば、年代関係なく仲良くなれる。たくさんの人にドキドキやワクワクを届けたい」と各地でバルーンアートの魅力を伝えている。【川畑さおり】

 尼崎市の住宅街の一角にあるアトリエ。西村さんが、膨らませた茶色の細長い風船を手際よくキュッキュッとひねると、わずか20秒ほどでかわいらしいプードルが完成した。風船内の空気の配分を考えながら素早く正確にひねる作業はほとんど「感覚でやっている」という。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです