メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県、5億4900万円緊急対策 布マスク12万枚配布など /山口

記者会見で新型コロナウイルス対策を説明する村岡知事

 県は23日、新型コロナウイルス感染症に対応するため、5億4900万円規模の緊急対策を発表した。2019年度補正予算の専決処分と予備費で対応する。県独自の対策として、県内の被服業者に発注した布マスク12万枚を幼稚園などに配布するほか、中小企業向けに別途約60億円の融資枠を確保した。【坂野日向子】

 布マスク費用には5200万円を計上。防府市の衣服メーカー「中村被服」に布製マスク12万枚を発注し、1人当たり2枚が行き渡るよう幼稚園や認可外保育施設、児童福祉施設に配布する。

 経済対策としては、枠60億円の中小企業向け融資制度の要件を一部緩和した。「経営安定資金」の融資対象を「売上減少5%以上」から「売上高減少」とし、保証料率を半分とするなどした。また経営支援の専門家派遣や、交通事業者に対しては補助金を新年度早期に概算払いして支援する。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです