メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

4月1日、魚形パイいかが

ポワソン・ダブリル=銅山智子撮影

 エープリルフール(4月1日)が近づいてきた。日本では「うそをついてもいい」日で知られているが、フランスではこの日、魚の形をしたお菓子を食べたり、子どもが魚の絵を使っていたずらしたりするという。でも、なぜ魚?

 在日フランス大使館(東京都港区)によると、フランスでは4月1日が近づくと、魚をかたどったチョコレートやパンなどが店に並ぶ。1日にはこれらのお菓子を食べ、子どもたちは絵に描いた魚を友達や先生の背中にこっそり貼りつけるいたずらをする。いたずらが見つかったときに発する言葉が「ポワソン・ダブリル」(4月の魚)だ。

 起源には諸説ある。かつてフランスでは4月1日を新年として贈り物を交換する風習があったが、1564年に国王シャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用。この改暦に納得がいかない人たちをからかうために、4月1日にうその贈り物をした――というのがその一つだ。魚は当時、正月のプレゼントの定番だったことから「うその魚」。魚をかたどったものがこの日に定着したという流れだ。

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです