メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

清水 新監督の下、飛躍誓う

 昨季の12位から浮上を目指す清水。今季就任したピーター・クラモフスキー監督(41)の下、攻撃的なサッカーを目指しているが、公式戦は2連敗と厳しいスタートになった。それだけに中断期間を立て直しの好機と捉え、戦術の浸透を図り、強度の高い筋力トレーニングにも取り組んでいる。練習試合も精力的にこなしている。

 「この期間でどれだけチームの完成度を高められるか。日常生活でも外出できず、ストレスを抱えているが、再開への準備を本気でやったチームが上位に行く。この期間を大事にしたい。(過密日程で)連戦になるのでチームの底上げをしたい」

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです