メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本だけでなく世界中のスタジアムから熱狂が消えて久しい。新型コロナウイルスは欧州でも猛威を振るい、各国のリーグ戦や欧州最強国を決める欧州選手権が延期となった。

 こうした事態は第二次世界大戦以来かと思ったら、違った。ドイツやイングランド、オランダなどでは、戦時下でも試合が行われていた。不勉強を恥じるばかりだ。

 事情は英国人のサッカージャーナリスト、サイモン・クーパーが著した「アヤックスの戦争 第二次世界大戦と欧州サッカー」(白水社)に詳しい。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです