「今年も反対していいのか」都議会自民、予算案の賛成検討 党本部、知事選で小池氏支援で調整

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党は、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)を巡り、再選に意欲を示す小池百合子知事を支援する調整に入った。24日には党本部の二階俊博幹事長と東京都連の高島直樹幹事長らが都内で会談し、都政運営について協議。都議会自民党内では、過去2年連続で反対した都の当初予算案に関して「今年も反対していいのか」との意見が出ており、25日に採決予定の都の来年度予算案に賛成することで支援の環境を整える案も浮上している。

 会談の出席者の一人は「とにかく今は新型コロナウイルス対応だ。いがみ合ってもしょうがない。国と都で協力してやらないといけない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文637文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい